Prevent News 〜プリベントニュース〜

防ぐ・備える・身を守るためのお役立ち情報とかの発信ブログです〜

敗者への配慮は必要??

f:id:fwrroceri:20190824003357p:plain

高校野球での話ですが勝利を喜びすぎると注意を受ける様です

 

これがいまいち理解に苦しみ負ける相手を尊重した方がいいのかそれとも勝ちは勝ちとして喜べばいいのかということですが

 

そもそも古い昔から強い者が絶対であったので負ける人に対しての考えは全くなかった様でそれは常に一発勝負であって負けることは生きることを決して許されない時代が歴史の教科書には書いてありましたが

 

いつしか時は経ち平和になったはずなのにどういうわけか人と人が戦うこと争うことが増えてしまいあの時の武士道精神が歪んでしまって違う解釈になってしまった様です

 

 

武士道とは?

 

時代経過と共に普通は考え方が変わり日本は世界最強であった時代の時に経営学や帝王学の様な戦うための手段や攻撃するための方法は三国志でいう呂布奉先や本田忠勝・織田信長の様に強い者は人格も品格も優れていたという考えもある様ですが

 

選挙・スポーツ・TVドラマ等で描かれているのは最後に残るのは勝利した者だけが優遇されるという内容が多いです

 

負けは許されない勝ちつづけなければならないいつだってヒーローでなければならない必要悪のための表に出されてしまっただけというそんな世の中になぜなってしまったんでしょう

 

負けから学ぶこと失敗から得ることはそれは負けないための手段であるとそう思います

 

ですが運も実力のうちとは言いますが勝利する者は何百何千何万からの勝利というのはそれは素晴らしいことですが油断大敵と言った様に勝ち続けることもまたとても難しいことです

 

 

では喜びを表現するものとしてガッツポーズという動作がありますがその原点となった日本人がガッツ石松氏と言われている説があります

 

喜びの表現が問題?

  

ですが表現が過剰すぎるとなっていてあるスポーツでは注意・指導・減点の対象にされてさらには退場されるという重い処遇があります 

 

それはきっと戦争で負けて痛みや苦しみ辛さという無条件降伏という完全なる敗者への気持ちを理解したからこその対応であるという風に取れます 


 

ですがいつまでも伝説が永久に残ることはありませんしいつ自分が負けるかもしれませんそれは勝つにも理由があり負ける事も理由があるからです

 

明日は我が身?

  

天狗になっていてはすぐに負けてしまいますし謎のプレッシャーからメンタルが耐えきれずに負ける事もあると思います

 

または自分の意思とは別にやめる事さえも叶わない状況にある方もいるかと思います 

 

勝者ばかりが最優遇してしまう世の中であり鮮度はいづれ腐食する様に美しいものは美しいうちにという考えもあり負け方を自分自身で選べる様になればその人は偉大になれる気がします